keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

#不登校は不幸じゃない。3万時間のゲームが支えた人生とは。「小幡和輝著 ゲームは人生の役に立つ」を読んで。

夏休みも残り10日余り。

5連休でも、うつうつとしてくる私です、1か月以上も夏休みを過ごした学生の方には、うつうつした気持ちの振れ幅は想像を絶します…。
そこらへんにいる高校生も「今日は宿題」と申しておりました。口だけは。

小幡氏のイベントに合わせてこちらの感想もUPしてしまおう。

  • この本を手に取るとしたら…、
  • 著者の小幡氏は
  • 一番惹かれた場所はココ。
  • そして、タイトルにもある「生かすも殺すも自分次第」。
  • 「子どもがゲームばっかりして心配」な保護者の方には、
  • この本も試し読みができます。
続きを読む

<小幡和輝さん、なんだかんだ言って面白そうに今を生きている人>応援シリーズ#5

昨日、たまたまツイッターを見ていたら、精神科医松本俊彦先生の「学校がつらい子どもたちへ送るメッセージ」の記事を発見。

このシリーズの第3弾で、

様々な生き方の選択肢や多様性がある方が、結局、誰もが生きやすくなるんです。

 

ーーとんでもない過去があるけれど、なんだかんだ言って面白そうに今を生きている人と出会ったらいいということですね。

 

そうそう。そんなのがいいですよね。昔、ある伝統的な医学部の前に、その医学部を卒業した店主のパン屋さんがあったんです。医者じゃなくてパン屋さんになって、医学部の学生から愛されてとても繁盛しているなんて話を聞いたこともあります。そういうのもありですよね。

はみ出したって生きられる 子供たちを救うのは学校の外の世界の情報(BuzzfeedNews)

 

「とんでもない過去があるけれど、なんだかんだ言って面白そうに今を生きている人」?

ここで、ハッと思い出したのが、小幡和輝さんです。

 

  • #不登校は不幸じゃない!学校に悩む子や保護者が繋がれるイベントを開催。
  • 小幡和輝さんって、こんな方。
  • イベントについて。
続きを読む

とっても良心的なネットワークビジネス!?

先日、お世話になっている先輩から連絡がありました。

地域のボランティアの先輩でもあり、プログラミング体験の寄付のお礼も渡さないと、ということで、お会いしました。

 

続きを読む