keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

易経#19<擲(てき)銭法。…またまた占ってみた。>

こんにちは。keroyonです。
ま、私にも原因があるのですが、またまたちょっとした危機に見舞われております。

 

で、どうしたものか、100円玉3枚で、易経にある、「擲(てき)銭法」で、またまた占ってみました。

 

心を落ち着けて…

 

100円玉3枚を6回投げる。…100円玉しかなかったから。

 

 

出たのは、「天水訟」

:争弁にあたり、自分に真実があるのに通らない。内に反省戒懼(はんせいかいく?)して中道を得た行動をとれば吉。強引に押し切ろうとすれば凶。公平な大人に会ってさばいてもらうがよい。訟ということがもともと危険なことなので、大川をかちわたりするような冒険をしてはいけない。

 

なんでー。
そこまでぴったりくる!?

 

まさに、出どころ間違うと、争いになりそうなんですよね。
でも、中道を得た選択が、今できているかは、よくわからないところです…。

 

しかし…

 

怖すぎる。恐るべし、易。

 

 

なんにも知らない人に、「易で占ったら…」なんて話をすると、

「だいじょうぶ~?変な宗教じゃないの~???」

ってびっくりされちゃうから、内緒です。

 

現状維持。で、いますることに集中して、とりあえず生活します。

ということで、まだまだ、冬眠生活は続く…。

 

みなさまには、素晴らしい一日になりますように~🍀🍀🍀!

 ※出展: 本田濟 著 「易」 朝日選書

 

易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)

易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)