keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

乾いたぞうきん

もう、昇天しちゃった記事でおしまいでいいかなぁと思ったkeroyonです。
でも書いちゃったね。

 

昇天していろんな感情が渦巻いてました。
私はあんぽんたんな、ぽんこつガエルだけれど、私なりに表現する時が「イキテテヨカッタ」瞬間なのかもしれないね。

(音楽も文章も)技術がないから、心から絞り出すしかない。
心の中にぞうきんがあってね、それを絞って汁をだす。私にとっての表現ってそんな感じ。
今回の演奏会は絞り切った。
今の心は、絞った形のまま干からびてしまった「ぞうきん」のように、固くて何も吸収してくれない。

 

栄養をください。
孤独に負けそうです。

 

金曜日には読み聞かせ当番もあるし、来週には次の演奏会の練習もある。
ぞうきんを乾かしたままではいられないのに。

 

私の「乾いたぞうきん」に少しだけ浸みた詩。

****

「おいで」 ふくろうげんぞう

さびしくなったら おいで
わたしの みみが
はなしあいてに なろう

****

くどうなおこ のはらうたⅠより

 

…(涙)

 

keroyon