keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

「金持ち父さん貧乏父さん」…私、貧乏母さんだ。

おはよございます、keroyonです。

ウワサの「金持ち父さん貧乏父さん」を読みましたよ。またまた人生を変えるような本だった。

カンタンに備忘録。

 

私の思考がまるで「貧乏父さん」で、ほぼすべてが目が点だったのですが、特に響いたのが…、

「与えることの力」p263です。

「足りないものを与える」というのは、たいていの人は一番やりたがらない。だが、私の経験から言わせてもらうと、このやり方はいつも効果がある。私は単純に、「人間だれでもお互いさま」と思って、自分がほしいと思うものを人に与える。私はお金がほしいからお金をあげる。そうするとそれが何倍にもなって戻ってくる。何かを売りたいと思ったら、だれかが何かを売るのを手伝ってあげる。そうすると、私のものも売れる。契約をとりたいと思ったら、だれかが契約をとるのを手伝う。そうするとまるで魔法のように、私のところにも契約が舞い込んでくるのだ。

私…全然できてない。
そして、私が「すごいな」と思う人はみんなやっている。ここが違う。

それに、この著者は「お金」絡みで話をしているけど、この話はお金がらみに限らないね。結局ご縁に繋がっていく。

「欲しいものを与える」視点を、ココロのスミに置いておきたい。←2019の抱負にするかな。

 

keroyon

 

今年2度目の…

今週のお題「2019年の抱負」

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

  • 作者: ロバートキヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士),白根美保子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/11/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 71人 クリック: 1,223回
  • この商品を含むブログ (533件) を見る