keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

「私は嫌ないきものだ」と認めるところから。

本文は、これから。(ごめんなさい)
一生かけて仕上げる物語かもしれないね。

 

少し続きを。

 

自分の「理想の自分」があって、「それにそぐわない自分」がいて。
自分の「嫌な部分」が出ると、自分が嫌になってた。

 

先日のタロット占いでも、占い師に言われた一言が耳から離れない。

「…ここも仕切りたがり屋さん…」

 

私だってやだよ。
隠してても、滲み出てきちゃういやな雰囲気。

 

そんなこんなで自分は嫌なところばかり。
他人からも肯定されず、自分も自分を否定して。

 

この「理想の自分」って誰なの?って考えてみた。

自分が「いいなぁ」と思う人そのものだったり、「いいなぁ」と思う人の言うことだったり。

 

そうなれたらいいけれど、どうも滲み出るなにか、血みたいなもの?が違うような気がしてきた。

 

もういいじゃん。その「理想」は「その他人」の理想なんだよ。
自分の理想を見つけたほうがいいよ。

 

昨日、そんな声が聞こえたような気がした。

 

「滲み出るなにか嫌なもの」も、仕方ないけど自分の一部。
そこを上手に昇華できれば、もう少しだけいきやすくなるような気がします。

 

 

いままで、「他人からの目線」の理想を、自分に押し付けてきた気がします。
これからは「自分がどうしたいのか」考えてみようと思いました。…「どうでもいいや」になりそうだけれど(笑)

 

リアルではだれも褒めてくれないので(爆!)、どなたか褒めてくださると、泣きながら踊りだすかもね。

 

keroyon