keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

原点に帰る。

たまたまyoutubeでのだめカンタービレの最終回を見た。
涙が出た。

 

先日終わった演奏会。主要なメンバーが引退し、存続が危ぶまれている。
とりあえず毎年、ボランティアで参加しているクリスマスイベントは、断らないことに決まったけれど、まだ参加要請があるのか否か、具体的な予定は見えて来ない…。

 

私って、目的がないと、何もできない種類のいきものだと気づきました。
目の前のニンジンがなくなって、開放感を堪能したのもつかの間、寂しさを覚える自分。

 

そんな中、たまたま偶然youtubeにおすすめされた、のだめの最終回。
オーボエのヤスとピアノ伴奏のターニャがコンクールに向かう電車の中での1シーンです。

 

何百年も前に記された音符が、

生まれた場所も

性別も

目の色も

何もかも違う二人に、同じ音を思い描かせる。

 

わかりあえないと思った人と

たった一音で

わかりあったり

ひかれあったり…

 

あぁ、そうだ。

休憩時間など、何を話せばいいのかわからない。
親子ほど違う年齢に、
生まれ育った環境も、性格も、全く違うのに、

同じ音を奏で、
話したこともない、もしかすると顔も知らない、他パートの人の音と合わせる。

 

ここはティンパニからテンポをもらって。(英雄の生涯戦いの後のヴィオラが裸になるところ)
ここはホルンに音を寄せて。(ブラームスの交響曲2番一楽章の変なリズムのところ…)
ここはクラリネットが自由に歌いたいだろうから、揺らぎにぴったり音をはめてあげたい。(ラフマニノフの交響曲2番3楽章)
などなど。

 

音がハマると不思議に心が通じ合う。
そして一つになる。

 

不思議な感覚。
またやりたいな。

 

無理ない程度にね…🍀

 

keroyon