keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

みんな必死に生きている

「あしながばちが、うちの周りを物色しているなぁ。」

 


そんな気がしたのは1ヶ月ほど前だった。

ふと気がつくと、外階段下の溝形鋼の溝の部分に、直径7cmほどの釣り鐘のような巣が。
覗き込まないと全く見えない場所。こりゃ蜂的に安住の地だなぁ。

すでに1世代は過ぎているみたいで、5~10匹のあしながばちが卵を世話していた。

 

あしながばちだから共生はできそうだけれど、秋までこのペースで拡張されたら、間違いがあるかもしれない。(以前見守ったら大きな大きな巣に拡張されていたw)

 

今のうちなら、対決できそうだ。

 

外気温37度。

昼間に巣を見てみたら、暑さをしのぐため、親ばち達は上半身を巣にツッコミ、まさに「頭隠して尻隠さず」で動かない状態。←とても可愛かった。

1匹だけが巣の温度を下げるために体をだして羽ばたいていた。

 

チャンスだ。

 

私は強力殺虫スプレーを巣に噴射。
もちろん蜂はこちらに向かってくるだろうから、スプレーしたあとすぐ逃げた。

 

蜂に追われることはなかったが、逃げるときに足首をひねった。

 

安全を確かめつつ、巣の方を確認すると、体をだして羽ばたいていた一匹は瀕死。地面で苦しそうにもがいていた。が、しばらくするとヨロヨロと飛び立ち、壁にぶつかりながらどこかへ逃げた。

頭を巣につっこんでいたその他の蜂たちは、どこかへ逃げたようだった。

 

その日の夜は、一匹も戻ってきてはいなかった。

 

今朝、確認したら4匹ほど蜂が戻ってきていた。
あちらも死ぬ気で守りに来ている。

 

生きることは大変だ。

 

keroyon

ミツバチのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや