keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

真面目に「不真面目」に取り組むということ。星野源「そして生活はつづく!?」

読み終わりました。

 

星野源「そして生活はつづく」

初めにお断りです。お断りの内容は…

本作品の全部または一部を、著作権者ならびに株式会社文藝春秋に無断で、複製(コピー)、転載、改ざん、公衆送信(ホームページなどに掲載することを含む)することを禁じます。万一このような行為をすると、著作権法違反で処罰されます。

 

星野 源.そして生活はつづく(文春文庫)(Kindleの位置No.1843-1845)..Kindle版.

厳しいですね。一部ですら公衆送信すること禁じられてます。だから、引用は控えます。↑ここの引用はいいのだろうか…。

 

タイトルも!?
読みました。「く・そして生活はつづく」(笑)。

 

この本を読み始めた経緯はこちら。めざましテレビで星野源のインタビューを見たからです。 

ふふっ。即買い。

<スキルの獲得と見せ方の工夫と>星野源・めざましテレビのインタビューから。 - keroyonの『続・日々精進』日記

 

中間部はぼやーっと中たるんだ印象もありましたが、最後は引き締まってました。エッセンスたっぷりです。その中で私が響いたことは

 

  • 真面目に「不真面目」に取り組むということ

 

こういうの、いいなぁ。星野源の魅力はココなんだろうなぁ。

こだわりは人一倍強くて、楽曲も芝居もすごく作りこむのに、見せるときはさらっと。さらっとどころか、謙虚に、極端にバカっぽく見せたりするところも。

 

あんぽんたんはあんぽんたんにしか見えないけど、真面目に「あんぽんたん」に取り組むってのも、あっていいんじゃないかなぁと。

 

生きる希望が湧きました。

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

 

 

IPhoneの読み上げ機能がく・そ(笑)

IPhoneの読み上げ機能がまた、笑えます。

「源くん、源くん、〇〇」→「みなもとくん、みなもとくん、〇〇」

…しずかちゃんかと思ったよ。突然ドラえもんに。

 

「かっこよすぎる!(笑)」→「かっこよすぎる・しょう」

…????

 

運転中、画面を見ないで聞いていると、真面目に???です。でも、一度クセを把握すると、逆に出てくると楽しくなる、笑えてくる。

IPhoneの方、ぜひ一度お試しください。

  1. 設定→一般→アクセシビリティ→スピーチから「画面の読み上げ」をONにする。
  2. 「画面の表示内容を読み上げるには、画面上部から下に2本指でスワイプします。」

 2本指スワイプの仕方がなかなか習得できないのですが、

  • 2本の指を画面に平行に置くこと
  • 真っ直ぐにスワイプすること

がコツっぽい気がします。

「思いませんか?」という語尾では、微妙に尻上がりのイントネーションになるあたり、機械ながらも努力の片鱗を感じて、ほっこりしてます。

 

できるゼロからはじめるiPhone XS/XS Max/XR超入門

できるゼロからはじめるiPhone XS/XS Max/XR超入門

  • 作者: 法林岳之,白根雅彦,できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

keroyon