keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

「不運な人」とは。

とても哀しいできごとが。

 

アマゾンプライムで、たまたま見つけたこの本
「本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて」フェリックス・デニス著
を、読んでいたのですが、この中の「不運な人」の記述…。それはまさに私だった。

 

 

 

 

この本は、イギリスを代表する出版王、フェリックスデニスが自分の経験をもとに、

  • 失敗したときの原因や
  • 成功したときの具体的な戦略や
  • 自分がしてきたこと
  • お金持ちになって失ったもの

などを赤裸々に書いた本です。

 

このなかで、とても引っかかったところは、
「第10章 金持ちになるために「運」はどの程度重要か」のなかの、ここ。

「不運な人」は存在するか?

この部分では、著者の知り合いの「アルバート」さんの話をもとに、「不運な人」の話をしていて。その特徴がね…私なんだなぁ…www。

 

著者は「アルバート」さんへの忠告をこんなふうに書いています。

  • 考え過ぎは不運のもと。
  • 「公正さ」や「完璧主義の罠」にご用心。
  • どんな金儲けも、所詮は「マネーゲーム」にすぎない!?

この3つの考え方は、私への忠告のように響くんだもの…。

 

そして著者は「運」をどう考えているかというと、

 

  1. 運を掴む準備を整えておく。ただし、運は求めず、来るのを待つこと。
  2. 運がやってきたら素早く動こう。
  3. 自分を「不運だ」などと愚痴を言わない(生きていられるんだからさ)
  4. 大胆に。勇敢に。不運だからといってすぐに他の道を探そうとしない。
  5. すべてを自分でやろうとしない。人に任せる。人に任せることを他の人に教える。
  6. とにかく、やる。許可を得るより謝るほうがずっと簡単
  7. 富の探求でマジになりすぎない。ゲームに過ぎないのだから。
  8. 運命の女神に会ったら、笑い飛ばそう。女神が与えてくれるものを受け取り、幸運を活かす。だが礼は言わない。彼女が去ったら、すぐ彼女のことを忘れる。

感動したところを太字にしてみました。
たしかに「不運だ」「不運だ」なんて言っていたら、近寄りがたくなっちゃうよね…。
この8か条!?を心に刻んで明日から生活したいと思います。

 

一方、著者は

いまは大金持ちであるが、幸せではない。少なくともたまにしか幸せではない。(略)

本当の金持ちで幸せな人など、いまだお目にかかったことがない。金持ちにはずいぶんと会っているのだが

とも言ってます。

 

そして

「すべて」を捨てたものだけが、金持ちになりうる

と。

 

 ***

 

結局、「努力」と「お金」と「幸せ」はお互いどれも正比例してるわけじゃないんだなぁ。だから「楽しく」すごしたいなぁと思った次第です。

 

それで、 

そこらへんの高校生にね、「幸せって、いつ感じる?」ってきいてみた。
「お布団に入ってうつらうつらしてるときが一番幸せだな」だそう。

「うつらうつらしてるとき!?なの?」

「眠ってしまったらよくわかんないでしょ。お布団に入ってあったかーくなって、とろとろ~と眠くなったときが一番幸せ♡」

 

たしかにね。最近そういう瞬間を意識したことなかったなぁ。
今日はゆっくり寝てみようかな。起きたばっかりだけれど(笑)

 

keroyon

追記:昨日の記事で温かいブコメをたくさんありがとございます。きったんさんに言われて気づいたのですが、私の読者登録もほぼ機能していません。ぜんぜんお返しできていなくて本当に申し訳ありません。

こんな私ですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m