keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

「どうせ」の黒魔法。

先日、数少ない友人から言われた言葉。

 

「『どうせ、私…』なんて言わないで…。」

 

私、すぐ言ってしまう。

「どうせちっぽけなカエルだから」
「どうせ私のことなんて気にかける人なんていない」
「どうせ…」「どうせ…」

その友人に言わせると、

友達から「どうせ私なんて」と、言葉を投げかけられると、

  • 友人として、自分の至らなさを指摘されたような気がする。
  • お互いに悪い空気にしかならない

黒魔法のような言葉

 と、言われたような気がする。ぼーっと聞いてたから違ってるかもしれない。

 

私にはその友人の感覚が「実感として」全く理解できない。今日ツイで、

「死ぬ気になればなんでもできる」と言います。
ところが、私にとっては働くことは死ぬことよりも難しいのです。

 

menhera.jp

この記事が流れてきた。
この方は、

働けないでいると、「労働の義務がある」って怒られるんです。そういう義務があることは小学生の時に習いましたが、詳しくは知らないのでグーグル先生で調べてみました。
……よくわかりませんでした。

と言われているけれど、その「わからない」感覚に近いのかなぁと思った。

私が「どうせ」というときは、自分の理解を超えた範囲で何か失敗をして、結局その失敗の理由がわかんないから、また同じテツを踏む。そんな時だと思う。

 

そして、友人の気持ちが実感として理解できてないから、多分また言っちゃう。そして、そうやって友人がいなくなってっちゃうんだろうな。

 

昨日、読み聞かせの来年度の代表やら役やらを決める会議だった。みんなが忙しい中時間を作ってやりくりしてるから、役員は仕事ごとに細かく分担して、それぞれをくじ引きで決めようということになった…。なっていたのに。

 

できる人はすごいね。私より忙しそうな人が次々立候補する。
私は?…役受けちゃったら、他のことができなくなっちゃう。小さなことなのに、悩んで悩んでいっぱいに。そしてみんなに毒やら棘やら投げてしまうんじゃないか。失敗しちゃうんじゃないかと不安になって手が挙げられない。

 

そして、口だけだす嫌な奴に成り下がった。

 

ブログやらツイッタやら見てると、できる人が本当にたくさんいる。とても羨ましい。私もあんな風にいろいろなことがこなせたり、アイデアや能力があったら、ぜんぜん違う人生だったろうに。

 

そしてまた出てくる、「どうせ」虫。

 

keroyonキャラはいい人ぶってるのです。
どう言葉がけをすると周りの人が気持ちよくなるのか、SST(ソーシャルスキルトレーニング)も兼ねてんだから。
欺瞞なのよ。だから絶対リアルとは切り離す。じゃなきゃ、ココにも居場所がなくなる。

…やばい、もうないかも…居場所w。

 

黒keroyon

 

気づいたところでブコメ返し…。

id:almondbananaさま。温かいお言葉をありがとございます…。

id:nkobi1121さま。
>友達失ってでも、ストレスをためない方が私には大事なこと。 
確かにそうですね。そんな自分も受け入れてもらえる友人でないと結局続かない気もします。ブコメありがとございます。

id:ballooonさま。
>私が注意されたら「ごめん、気をつける」と言うと思います。
>出来ないことでも「ごめん」って。無理をしてしまいます。
私もそうです。そして無理をしてみなに当たってしまって、また自己嫌悪…。そうやって身の丈を知っていくのかなと諦めてますが、ジワリくる老化もあり、どんどん身がちっちゃくなってます…。結局ぼちぼちとぼとぼ行くしかない…。ブコメありがとございます。