keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

距離感。

私はもともと、ヒトとの距離感の感じ方が変みたいです。

 

 

これについても、ゼロイチ思考で、「親友」か「他人」。中間がありません。

普通の人にはある、「親しい友だち」「ただの友達」「距離を置きたい友達」「顔だけ知ってる他人」「いいように使う他人」そういうのは、私にはないみたい。

 

だから、1:1で向き合ったときに、見える距離は同じなのに、
相手の<普通の>人が感じる距離:「ただの友達」←これがない
私:「親友」
と感じるようです。

 

そのうち、見えてる距離が違うことに相手が気づき、
「ちょっと近いよ」のようなことを言われる。

 

そうすると、私の中では、

  • 「親友」だと思っていたのに、裏切られたような気持ち
  • 自分がまた距離感を間違えたことに対するショック
  • 間違ったままでいると、相手に迷惑をかけてしまう

それで、「親友」→「他人」に、なってしまう…。(ここもゼロイチ思考なのですな。)

 

もうね、「親友」⇔「他人」を往復して平均をとるしかないのかな、とも思います。ご迷惑をおかけしますが…w

 

これは、

  • ひとえに私の感じ方、中間が扱えない脳みそのせいであり、
  • 相手の方の言動や行動は原因ではない

のです。

 

 

でもね、
結局、不安定で周りの方々にご心配をおかけしてしまうんですよね…。

 

申し訳無さのカタマリです。
ナカトミノカマタリです。

 

keroyon

 

このあたりのお話は、精神科医はてなブロガーのあずさ先生のこのKindleボンを読んだら、スーッと胸に落ちたので、ご興味ある方はぜひどうぞ。 

精神科医的ひとりごとPart2 精神科的ひとりごと

精神科医的ひとりごとPart2 精神科的ひとりごと

  • 作者:あずさ
  • 発売日: 2020/01/11
  • メディア: Kindle版
 

ちなみに あずさ先生のブログはこちらです。

asph29.hatenablog.com