keroyonの『続・日々精進』日記

人生最後の悪あがき!?、懲りずに再度日々精進。あることないこと?晒してます。

こころ温まるご縁。

バイトの面接に行ってきました。

 

 

実は数か月前、同じスーパーの店舗の面接にも行ってたんですね。
でも勤務希望日数と先様の要望にずれがあり、
また「ここ、シフトいないから無理いってすんません~」「清掃もお願いしていい~」等、「いろいろお願いされちゃいそう」な先様でしたので、

こちらから丁重にお断りさせていただきました。

 

今回はその系列の加工工場の応募。
面接の時間がちょうどシフトの入れ替わりだったようで、たくさんの作業者と一緒に事務所へ。雰囲気がよくわかりました。

 

事前に「2階へ上がったら面接の方へ指示が掲示してありますので、指示に従ってください」と聞いていたので、2階へ上がると「○○へTELしてください」と外線が書いてある。

 

「事務所まで来てるのに、外線かけさせる?」と、すこしムッっとしたけれど、指示だから仕方ない。スマホを取り出して外線をかける。

やさしそうな女性が出た。

 

「〇時で予約したKと申します」

「中に入って、ソファにかけてお待ちください」

…すると、ケイタイを耳にあてた女性が目の前に。

 

二人して大笑い。

「担当は、これからきますので」

 

わっさわっさ後ろから押し寄せる作業者の波にのまれ、私は最後に入室する。(たっぷり時間はあったので)

 

***

その後男性の担当者と面接。

 

希望時間を提出すると、「この時間からの開始なら作業Aかな。」
その後、書類をいろいろ記載していると、担当の方がいなくなり…しばらく戻ってこない。忙しいのかな?と思ったら、

 

戻ってきて。

 

「時間がはみ出ちゃうんですけど、作業Bの勤務時間ではダメですか?」
作業Bのシフト開始は面接の開始時間と同じ。先ほどの作業者の方々と働くんだ。
さっきの大笑いした女性社員と一緒なんだな。もしかして、あのドアのところで大笑いしたのが、何かのご縁だったのかも。

あの「外線かけろ」は、面接者の反応確認のトラップだったのか?

 

なんだか、とてもワクワクしてきた。

 

いつも第一印象は良くて、付き合い長くなると失望されるタイプの私、これからどれだけ失望カーブをなだらかにできるか、が勝負なのですが、加工工場ならとりあえず目の前の仕事に集中すれば、なんとかなる…かな。

 

私でも望まれるポジションがとりあえずあったようで、心が少し腫れ晴れました。
不況でも外せない衣食住の「食」で、(採用になったら)がんばります。

 

keroyon

そういえば、マックに入ったときも「ハローワークからの応募ははじめてです」とか言われたなぁ。あれは失業給付もらうための演出!?だったんだけど。

いつもご縁は珍しい導入から!?

f:id:zaihamizunogotoshi:20200516111545p:plain

 お題「今日のよかった(^^)」 #200
「よかった1000記事」まであと800記事。